脇汗で黄ばんだシャツをキレイに洗濯するには?

脇汗で黄ばんだシャツの洗い方


このエントリーをはてなブックマークに追加  


脇汗はたいていの人は一年を通してかいているようですが、特に発汗量の多い夏の間は白いシャツやブラウスの脇の部分が黄色いシミで汚れてしまう事が多くなります。

 

黄色いシミの正体は、脇下に密集しているアポクリン腺から出る成分や、制汗スプレーの成分、そして体から出てくる皮脂成分などすべてが混ざり合う事で、色がついてしまうようです。

 

ですから、黄色い汚れ自体は洗濯で簡単に落とすことはちょっと難しいようです。

 

黄色いシミをきれいに落とすにはちょっとしたテクニックが必要になってきます。




Sponsored Links



洗濯前の下処理が大切!

まず大切なのは、白いシャツを脱いだらすぐに洗剤溶液に漬け込んでおく事がお勧めです。

 

この下処理によって頑固でなかなかとれにくい皮脂成分が分解されますので、そのあとの本洗いの時の洗浄の助けになります。
人間の身体から出てくる皮脂は衣服の繊維に一旦入り込むと非常に取れにくいので、つけ置き洗い専用の洗濯洗剤を使う事をおすすめします。

 

しっかりと付け置きをしたあとは、浮き上がった汚れを洗浄力の高い洗剤や石鹸などでしっかりと手で揉み洗いをして脇の部分の生地から汚れを叩き出すようにします。

 

ここまでが下処理のポイントになります。

 

一旦お湯でしっかりとすすいだあとに、洗濯機に投入します。

 

このときは皮脂分や、汗成分を完璧に落とすために洗濯機に注水するのはお湯が望ましいです。

 

冷たい水で洗濯すると汚れが生地の繊維組織のなかに留まってしまったりしますので注意が必要です。

 

それでも汚れが取れていないようであれば最終手段として漂白剤に付けてみる事もよいかもしれません。

 

以上の手順で、きちんと洗濯をすることで殆どの黄色い脇シミは綺麗になりますので、一回一回のお洗濯を面倒がらずに丁寧にすること、そして汗を吸い込んだシャツは出来ればその日のうちにお洗濯をすることも重要です。

 

汗にぬれたまま何日も置いたシャツは汚れが定着してしまい、あとから丁寧に洗濯をしても完全には綺麗にならない事が多いですし、なんといっても黒かびの原因にもなるので清潔さを保つ事が出来ません。




Sponsored Links



買ったばかりのシャツが黄ばむ方へ

買ったばかりのシャツが黄ばむ原因

人によってはシャツが黄ばみやすい人もいるようです。

特にシャツが黄ばみやすい方はこちらをご覧ください。

シャツの黄ばみオススメ1なぜこんなにもシャツが黄ばむのか?【男性編】


シャツの黄ばみオススメ1なぜこんなにもシャツが黄ばむのか?【女性編】